2005年06月18日

自由が丘/ORIGINES CACAO(1):フォレノワール、クレームショコラ(ミルク)

6/9にリニューアルした東急フードショー・スウィーツコーナーへ用事帰りに立ち寄った。先週は高幡不動へ紫陽花を撮りに出かけていたので時間がとれなかった。

サイトであらかじめ下調べをしておいたけど、高けえなあ、おい。1ヶ4〜500円がほとんどじゃん。いくら無類の甘いもん好きの自分でも、そういくつも買ってらんないなくなるなあ。店で食べるわけじゃないから、何となく高く感じてしまうよ。

ま、人が多かったせいもあって写真を撮るのは諦めたけど、『ル・パティシエ・タカギ』のコーナーがとても綺麗で一際目立ってましたね。ジェラートの種類も豊富で、おまけにイート・インまで出来るとあって、人だかりも一番でした。で、自分はですね、じっくり周囲の店のショーウィンドウを物色した末に、その『ル・パティシエ・タカギ』の真横にある『オリジンーヌ・カカオ』という、とても言いづらいお店で「フォレノワール」「クレームショコラ(ミルク)」という2つのケーキを買いました。1ヶ420円。『ガトー・ド・ヴォワイヤージュ』のプダン・オ・ヴァニーユが2つも買えてしまう。

origines_cacao_foret_noir_creme_chocolat.jpg

飯の後に食べたいので、ひとまず写真だけ。

オリジ〜ンヌウじゃなくて、オリジン〜ヌウ。この言葉を口にした瞬間に、一瞬クレヨンしんちゃんが頭をよぎるんですがなんとかなりませんか。ならないですか。ああそうですか。

更に隣のブースにあるお店(『ラ・テール セゾン』)の「大地のプリン/ウ・オ・レ」という、卵をふんだんに使ってるらしいプリンも最終候補に残っていたけど、『オリジンーヌ・カカオ』で買った2つのケーキで軽く800円を超えてしまっていたので、こちらのプリンはまた今度。『ガトー・ド・ヴォワイヤージュ』も綺麗になってました。こちらも今回はスルーしたんですが、いろんな店を回るうちに、実は『ガトー・ド・ヴォワイヤージュ』の価格設定がそれはもうとても良心的である件について、夕暮れの渋谷ハチ公前にて胸に沁み入りました。

とにかく、今後一店づつ攻略していく方向で善処したいという所存であります。

*追記 6/26

「ル・パティシエ・タカギ」ですが、フードショーでの店名は「ラ・コンフィズリー・タカギ」ですね。訂正というか、追記です。ついでにリンクも貼っておきました。ご参考に。

○ラ・コンフィズリー・タカギ(東急フードショー内)
posted by 照乃芯 at 20:02 | Comment(2) | TrackBack(1) | オリジンーヌ・カカオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月18日

自由が丘/ORIGINES CACAO(2):ケベコワーズ

origines_cacao_quebecoise1.jpg


○ケベコワーズ - Quebecoise - (\1,201)

昨年10月にオリジーンヌ・カカオの東急フードショー店で買いました。オリジーンヌ・カカオでお菓子を買うのはすごく久しぶりでした。今回のケベコワーズはカラメルとメープルシュガーのケークです。名前はメープルの産地であるカナダ・ケベック州(のフランス語読み)ですが、外見はカラメルがメインです。

砂糖を煮詰めたのがカラメルなら、メープルシロップを煮詰めて水分を飛ばしたのがメープルシュガー。

オリジンーヌ・カカオにもエーグルドゥースのような美しいパウンドケーキ(ケーク)が沢山揃っています。ショーケースに並ぶケークは全部で7〜8種はあったように思いましたが、どれもショコラトゥリーらしい、いやショコラティエ川口シェフらしい落ち着いたトーンのケーク。

表面にはカラメルのプレート。上面は焼ごてをあててカラメリゼされてありますが、例えばエーグルドゥースのケーク・キャラメルと比べると、やはりその度合いは別物という印象です(笑)

ただその分、上面にデコレートされたカラメルプレートが、ガリガリ感をしっかりと助演してくれています。

origines_cacao_quebecoise2.jpg


これはキャラメル入門にはオススメの一本です。とかく「キャラメル、塩キャラメル」ものが沢山溢れるようになってきましたが、「ほんとに美味しいキャラメルは苦味が旨い」というのを体験するにはもってこいの一本だと思います。「良薬は口に苦し」とはよく言ったものですが、キャラメルの美味しさの一端を知ることで、「苦い=不味い」というイメージが「苦い=美味しい」に押し退けられるようになるかも知れません。

-----------------------------------
ORIGINES CACAO

(自由が丘本店)
住所:東京都目黒区緑が丘2-25-7 ラ・クール自由が丘2F
最寄駅:東急東横線「自由が丘」駅南口下車、徒歩3分前後
営業時間:10:30-19:30(L.O. 18:30)
イートイン:可(5席)
定休日:不定休
-----------------------------------
posted by 照乃芯 at 19:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | オリジンーヌ・カカオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自由が丘/ORIGINES CACAO(3):メルヴェイユ

origines_cacao_merveille1.jpg


○メルヴェイユ - Merveille - (\1,301)

生地の中央に丸く形作られたガナッシュ入りのチョコレートケーク。上面はチョコでコーティングされていて、カカオパウダーは肉眼で確認した限り3種類振られています。この辺の細やかさはショコラティエたるところなのでしょうか。

中のガナッシュはナッツの風味も効いていました。日持ちは一週間ですが、保存時は冷蔵。冷やしても常温でも、どっちでも美味しく食べられると思います。

origines_cacao_merveille2.jpg


ケベコワーズと一緒に買ったんですが、やはりショコラトゥリーなのでチョコで押したケークを一本選んでおきました。

ケーク売り場は、以前『ラ・コンフィズリー・タカギ』があった場所の、元テイスティングカウンターの辺りに設置されていたこともありますが、現在では通常の売場で売られているようです。This Week1とはまた違った扱いで期間限定出店をしているお店が入ってることが多いので、現在あの場所はそういうスペースとして使われているんだと思います。

origines_cacao_merveille3.jpg


-----------------------------------
ORIGINES CACAO

(自由が丘本店)
住所:東京都目黒区緑が丘2-25-7 ラ・クール自由が丘2F
最寄駅:東急東横線「自由が丘」駅南口下車、徒歩3分前後
営業時間:10:30-19:30(L.O. 18:30)
イートイン:可(5席)
定休日:不定休
-----------------------------------

posted by 照乃芯 at 20:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | オリジンーヌ・カカオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月20日

自由が丘/ORIGINES CACAO(4):ケーク・オ・フリュイ

origines_cacao_cake_aux_fruits1.jpg


○ケーク・オ・フリュイ - Cake aux Fruits - (\1,400)

2007年末最後に買ったのがオリジンーヌ・カカオのケーク・オ・フリュイでした。去年食べたケーキの分が、実はまだまだ沢山あって、このケーキもそんな出しそびれの一つです。

しっかりとラム酒に漬け込んだドライフルーツを使ったケーク。使われているのはプルームとアブリコットですね。ナッツも乗っています。生地は柔らかめで、生地の中には、半分がレーズン、もう半分には赤い色をしたものが入っていました。名前が判りませんでした。

origines_cacao_cake_aux_fruits2.jpg


…ただ、生地のしっとり感がもう少し欲しかった…好みの問題ですが。

ゆえに、1400円という値段は購入時の印象と変わらず高く感じてしまいました(ここ最近の材料費の高騰が価格に反映されても極端に変わるものではないはずですから、そこはいっさい考慮しません)。自分個人としては、リピは…どうでしょう。こちらのお店では、やっぱりチョコ系ケークをチョイスするのが良いかと思います。

origines_cacao_cake_aux_fruits3.jpg


-----------------------------------
ORIGINES CACAO

(自由が丘本店)
住所:東京都目黒区緑が丘2-25-7 ラ・クール自由が丘2F
最寄駅:東急東横線「自由が丘」駅南口下車、徒歩3分前後
営業時間:10:30-19:30(L.O. 18:30)
イートイン:可(5席)
定休日:不定休
-----------------------------------

posted by 照乃芯 at 23:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | オリジンーヌ・カカオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする