2006年06月10日

たまプラーザ/DEFFERT(1):マカハ

先月下旬、マ・パティスリーで買いました。随分遅くなりましたが、4つあるので、順次1つずつアップしていきます。

deffert_makaha.jpg

○マカハ - Makaha -(¥481)

春の新作。ですが、夏の新作といってもいい雰囲気です。擦った白煎りゴマが入ったココナッツのムース。真ん中にはパッションフルーツのソース。土台にはキャラメルとゴマの入ったダックワーズ。上部に丸く縁取りされているのは細かく刻んだココナッツをまぶしたメレンゲのリング。中にはココナッツ風味のメレンゲが入っています。

パッションフルーツソースの酸味がシャープですが、フォークに付いた様子がまるで卵の黄身のように濃厚な黄色を発色させてます。

煎った白ゴマとダックワーズのアーモンドによる香ばしさ、ココナッツのムースの淡い甘さ、パッションフルーツソースのパキっとした酸っぱさ。これが三位一体となった美味しいケーキです。

あと、つまんない事ですけど、このマカハの上に添えられている「DEFFERT」のネームカードは他のものと違ってシールになってました。裏を触るとノリで指にくっ付きます。普通に紙タイプのカードを挿すんで良かったんじゃないかと。それは違うという事でのこだわりの部分だったんでしょうか。

--------------------------------
PATISSERIE DEFFERT(パティスリー・デフェール)
*リンク先は参考サイトです。

場所:神奈川県横浜市青葉区美しが丘1-5-3
最寄駅:東急田園都市線「たまプラーザ」駅より徒歩3分。
営業時間:10:00-20:00(L.O.19:00)
定休日:水曜日
--------------------------------
posted by 照乃芯 at 12:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | デフェール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月11日

たまプラーザ/DEFFERT(2):サオトボ

deffert_saotoubo.jpg

○サオトボ - Saotoubo -(¥481)

噴火口という意味のサオトボは、まさに岩板の亀裂から熱くたぎったマグマが噴き出してきたような様子を形に投影させています。そして非常に大振りなケーキです。迫力満点!(笑)

「温める際は、金の台紙とプレートをはずして頂いて、お皿に移しかえてレンジで20〜30秒様子をみながらお召し上がり下さい」という注意書きの黄色い紙が添えられています。温めるとチョコがトロォ〜っと溶けてきていい具合になるそうです。今回は、やりません(>_<)

デフェールのどのケーキにも共通しますが、フォルムがとても美しく、かつ繊細です。撮影のためにちょっと時間をおこうものなら、すぐにソースはなめらかになって下へ滴り落ち始めるし、ムースは存在の耐えられない軽さと柔らかさとを現し始めるのです。

このサオトボも非常に繊細ですね。机の上の照明の熱で上が少し崩れかけました(汗)

見た目は重厚ですが、チョコは濃厚ではあるものの割と食べ易い甘さです。中にはナッツも入っていてアクセントに。3種類のチョコレートを混ぜてあるというガナッシュが美味しいです。重くない甘めなチョコが好きな方は上半分を、濃厚好きな方は更に食べ進めて下半分が愉しみどころかな。

------
(あとがき)

5/31まで新宿伊勢丹マ・パティスリーに出店していたデフェールに5/30、立ち寄ってきました。24日から始まった時に一度覗きに行ったんですが、時間が遅かったせいか何種類かのケーキがすでに売れ切れていたのと、ゆっくりと見れる時間もロクになかったのでスルーしていました。改めて足を運び、今回も決して早くはなく割と遅めの時間でしたが、じっくりと見たらなんか食べたくなってきたので買いました(笑)

6月号(5月発売)の『dancyu』にも載っていたケーキをまず2つ選び、あとは適当に自分の好きそうなのを2つ。チョコを使ったケーキが多いですよね。本当はもう少しクラシックなものも一緒に食べたかったので、たまプラーザの本店へ行くまで我慢してようかと思ってたんですが、誘惑に負けました。いずれ近いうちに行くお店ではあったので、いいタイミングだったかも。

--------------------------------
PATISSERIE DEFFERT(パティスリー・デフェール)
*リンク先は参考サイトです。

場所:神奈川県横浜市青葉区美しが丘1-5-3
最寄駅:東急田園都市線「たまプラーザ」駅より徒歩3分。
営業時間:10:00-20:00(L.O.19:00)
定休日:水曜日

--------------------------------
posted by 照乃芯 at 01:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | デフェール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

たまプラーザ/DEFFERT(3):ハニーハント

deffert_honey_hunt.jpg

○ハニーハント - Honey Hunt -(¥481)

はちみつのムースとバニラクリームという爽やかな組み合わせ。キャラメルソースがかかっています。このソースを丸く囲う土手になっているのは、さきほどのマカハに出てきた焼きメレンゲとは一線を画す、非常にフワフワとした繊細で淡いメレンゲムース。上部には綺麗に焼き目が付けられています。ほんのりはちみつの風味もするかな?

土台はキャラメルシロップをたっぷりヒタヒタに染み込ませたスポンジ。はちみつは決してベタっとした甘さではなく、バニラクリームと合わせた事によってコクと自然な苦味を発散しているような不思議な感じ。この二つが混じり合うと何故苦味に似た風味が出来上がるのかについて分析が必要かもしれません。

その自然と滲み出ている微かな苦味の接点が、キャラメルの持つ甘さと苦味の間で科学反応を起こしているような、そんな印象を与えるケーキです。実は濃厚に戴くケーキなのでは無いでしょうか。そう感じました。

一方、上に載ったホワイトチョコのプレートは、またこれらとは違った甘みを演出していますが、そのプレートの上に載ったキャラメルの飴がけチップが、これまたサクサクした感じで、ほんの一口、一瞬の出来事ではあったものの美味しかったし楽しかったです。

このケーキもフォルムが美しくて大好きですね。

ただ、若干。…若干ですが、値が張るなという印象。個人的には400円・420円とはいわないまでも、450円か、越えても472円くらいまでが適正かな、と感じました。まあそれでも買って食べる価値が十分ありますし、そうはいっても400円台なのでブウ垂れるような価格ではありませんが(笑)

--------------------------------
PATISSERIE DEFFERT(パティスリー・デフェール)
*リンク先は参考サイトです。

場所:神奈川県横浜市青葉区美しが丘1-5-3
最寄駅:東急田園都市線「たまプラーザ」駅より徒歩3分。
営業時間:10:00-20:00(L.O.19:00)
定休日:水曜日

--------------------------------
posted by 照乃芯 at 12:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | デフェール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

たまプラーザ/DEFFERT(4):ジヴァラ

deffert_jivara.jpg

○ジヴァラ - Jivara -(¥401)

ヴァローナ社のジヴァラ・ラクテ(ミルクチョコレート)を使ったガナッシュと栗のパウンド生地を重ねたケーキ。最近のチョコレート業界はとにかくカカオ分が高いものばかりで競ってる感じがして、ミルクチョコレートのような軽くて食べ易い美味しいチョコレートが軽んじられているようにも感じていたので、ジヴァラ・ラクテを使ったケーキに出逢うと嬉しくなります。時々人とは逆を行きたくなる性格なので(笑)

蕾のように丸く閉じた、いやこれから咲こうとせんばかりの丸く盛られたチョコ細工が3つ上部に載っています。ボディは、上からジヴァラ・ラクテのガナッシュ。ほんのわずかですがお酒の風味も感じました。一番下は栗のペーストを練り込んだパウンド生地。その間に挟まれているのはシャリシャリとした食感が特徴のフィヤンティーヌ。ああ。これ前から好きですね。フィヤンティーヌを使っているというだけで0.5点の査定アップです。よく判んないけど。とにかく美味しいです。

それにしても、二口目以降、ガナッシュに含んだお酒の香りが徐々に高まってきて、いよいよ楽しくなってきました。ブランデーでしょうか、これは。舌に残るほどのものではなく、ミドルノートを頂点に、スっと入ってスっと消えていくパフュームという印象です。

------
(あとがき)

というわけで、合計4つのケーキを食べましたが、今回選んだケーキはどれもヒットでした。形も綺麗だし、味もフォルムの美しさに負けず、無駄がない。味本位の中でアートワークを成立させられる数少ないお店の一つかも。個人的にも大好きなお店の一つとなりました。よって、デフェールもセレソン入り決定です。このお店が都内にあったらな…と思わせるだけの魅力があります。秋までにはたまプラーザの本店を訪問したいです。

ちなみに余談ですが、デフェールをローマ字でタイピングする時の左手の指の動きが非常に美しい事に今回気付きました。

特に「DE」のあとの「F」2連続打ちからE→R→Tという運指。人差指で2回トントンってきて、薬指→中指→人差指、とまるで音符が半音階進行してゆくような美しい旋律の流れ。まさか開店当時ここまでは計算してなかったですよね、安食シェフ?

--------------------------------
PATISSERIE DEFFERT(パティスリー・デフェール)
*リンク先は参考サイトです。

場所:神奈川県横浜市青葉区美しが丘1-5-3
最寄駅:東急田園都市線「たまプラーザ」駅より徒歩3分。
営業時間:10:00-20:00(L.O.19:00)
定休日:水曜日

--------------------------------
タグ:チョコ
posted by 照乃芯 at 12:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | デフェール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする