2006年12月26日

吉祥寺/a tes souhaits!(1):ガレット・ブルトンヌ・ゲランド

10/28の土曜日に、吉祥寺のアテスウェイに行ってきた時のレポートです。10/9の祝日に一度出かけてるんですけど、その日は臨時休業日だったようで、うっかり店を前を通り過ぎてしまう事に。処方せんの薬局が閉まってるのかと思ったくらい(笑)

で、気をとり直して、再度チャレンジしました。吉祥寺駅からは、やっぱり遠いです。特に法政通りのあたりで飽きますね(笑)「ちょっとまだ〜?」って感じ。でも、行くだけの価値があるお店です。

a tes souhaits!…。「願いが叶いますように」。僕は、10/28に初めてアテスウェイを訪れた日から、このお店のカードをお守りのように今でも毎日カバンの中に入れて持ち歩いています。10月にアテスウェイに出かけたのも、叶えたい願いがあったから…。

東京女子大学の向かいにあるアテスウェイでは、スタッフの方が店の外で出迎えてくれ、中に入るや、お客さんで一杯。しかも、皆さん、買い方が豪快でした。それに負けじと次々に補充されてゆくプチガトー。スタッフの数も多いように感じました。

チョコ細工にかけては抜きん出たセンスを持つ川村シェフだけあって、チョコ系はとても美しく、特にアントルメ、ホールケーキの出来栄えには目を見張るものがありました。今まで見た中でも一番かも知れません。アントルメが上手に作れるシェフは本当に腕があるというのが自分の物差しですが、多分、川村シェフの腕は確かなものだろうと感じました。

a_tes_souhaits!.jpg


今回は焼き菓子一つに、生菓子3つを購入。最初はまず、お目当てだったガレット・ブルトンヌ・ゲランドからいきます。

というわけで、アテスウェイです。ちょっとヨロシク。

a_tes_souhaits!_galette_bretonne_guerande.jpg


○ガレット・ブルトンヌ・ゲランド - Galette Bretonne Guerande - (¥190)

これだけはアテスウェイからの帰り道、井の頭公園で撮影していきました。待ちきれなくて食べちゃったんです。2個も。

塩気が効いていて、ホロホロと崩れる食感は最高。これが自分の基準となってしまったので、今後食べるガレット・ブルトンヌには申し訳ない気もするけど、今のところ最高のガレット・ブルトンヌだと思います。

----------------------------------
a tes souhaits!(アテスウェイ)

住所:武蔵野市吉祥寺東町3-8-8
営業時間:11:00-19:30
定休日:月曜日
最寄駅:JR「吉祥寺」駅より、徒歩15〜20分。
----------------------------------
posted by 照乃芯 at 00:17 | Comment(2) | TrackBack(0) | アテスウェイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

吉祥寺/a tes souhaits!(2):パヴェ・ブルトン・オ・キャラメル

こちらのパヴェ・ブルトン・オ・キャラメルも、アテスウェイでのお目当ての一つ。

a_tes_souhaits!_pave_breton_au_caramel.jpg


○パヴェ・ブルトン・オ・キャラメル - Pave Breton au Caramel - (¥380)

フランス海塩バターで作ったブルターニュ地方独特のキャラメルムース。チョコプレートにキャラメルムース、ショコラビスキュイ、この2つが交互に重ねられている。

上面のキャラメルムースには包装パッケージのプチプチのような凹凸が。

塩気を含んだコクのある甘さで。キャラメルの旨さをまた一つ教わった。全くクドさがなく、ショコラビスキュイとのバランスが絶妙。アテスウェイに初めて行く人は、必ず食べておくべき一品。

----------------------------------
a tes souhaits!(アテスウェイ)

住所:武蔵野市吉祥寺東町3-8-8
営業時間:11:00-19:30
定休日:月曜日
最寄駅:JR「吉祥寺」駅より、徒歩15〜20分。
----------------------------------
posted by 照乃芯 at 00:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | アテスウェイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

吉祥寺/a tes souhaits!(3):ジョエル

伊勢丹新宿店では予約開始初日早々に完売してしまったアテスウェイのクリスマスケーキ「ジョエル」ですが、実は吉祥寺の本店には、このケーキのアントルメ(ホールケーキ)もあればプチガトーもあるんですね。新作として店頭ショーケースに並んでいます。

だから、アテスウェイのクリスマスケーキを狙っていた人は、迷わず吉祥寺の本店へ足を運ぶか電話して予約するなり、その場で買うなりすれば十分だったわけです(クリスマス向けなら確実に要予約でしたね)。

a_tes_souhaits!_joelle.jpg


○ジョエル - Joelle - (¥450)

そういうわけで、自分は一足先に、10月の段階でこのケーキを味わってしまいました。

とにかくチョコ細工の美しさに溜め息の出る完成度の高さ。川村シェフの実力が伝わってきます。こんなに美しいチョコケーキに出会ったのは初めてです。多分、ナンバーワンでしょう(少なくとも僕の物差しではそうなっています)。

フランボワーズとライチという新鮮な組み合わせに、ピーナッツ入りのミルクチョコレート。チョコ系が得意だからといって、チョコで全て押すのではなく、ミルクチョコレートで程よく抜く「引き算」が出来る優れたシェフです。

更に、金粉が散りばめられた美しいショコラ・マカロンが上に乗り、フランボワーズの中に、まるで風のようにスーッと通り過ぎたようなライチの風味。

そして、シャリシャリとした食感のピーナッツ入りチョコの土台。これはつまりフィヤンティーヌでしょうか。

プチガトーでも十分に繊細な味を楽しめるのだから、クリスマスにホールケーキを味わった方は、さぞかし素敵な日を過ごされた事でしょう。

----------------------------------
a tes souhaits!(アテスウェイ)

住所:武蔵野市吉祥寺東町3-8-8
営業時間:11:00-19:30
定休日:月曜日
最寄駅:JR「吉祥寺」駅より、徒歩15〜20分。
----------------------------------
posted by 照乃芯 at 00:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | アテスウェイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

吉祥寺/a tes souhaits!(4):ポワール・ア・ラ・シャンティイー

今回食べた中でトリを飾るのがアテスウェイのショートケーキ。10/28の時点では洋梨を使ったものでした。

思えば、このケーキの写真を撮り、食べた時にTBSのクルーからインタビューを受けたんでしたね。買ったのは28日だったんですが、食べたのは29日だったんです。

a tes souhaits!…願いが叶いますように。なんて思ってた矢先に「あなたの夢はなんですか?」「あなたの逢いたい人は誰ですか?」なんて訊かれたから、やけに自分も素直に答えてしまったのかな?…なんて今では思ったりします。

本当に今、自分の願いが叶うなら、何度でもここのケーキを食べに行くのに。

自分が逢いたくて逢いたくて仕方ない人に、「『願いが叶いますように!』っていう意味のケーキ屋があって、こんなに可愛くて綺麗なケーキが食べられるんだよ」って、伝えられたらいいのに。アテスウェイの看板にある鳥が、この想いを運んでくれたらいいのに。そう想いながら、今回のケーキたちをあの日、代々木公園で撮っていたんです。



a_tes_souhaits!_poire_a_la_chantilly.jpg


○ポワール・ア・ラ・シャンティイー - Poire a la Chantilly - (¥450)

北海道産生クリームを使った洋梨のショートケーキ。基本はイチゴのショートケーキですが、フレーバーは季節に応じて変わります。

高さが6〜7cmくらいある大きなショートケーキ。桃、メロンに次いで大好きなショートケーキになりました。

スポンジは2枚重ねで、結構分厚く、カスタードらしきクリームが下に薄く挟んであります。梨は昔、水が飲みたくなった時の水分代わりに食べてたくらいなので、好き。このポワール・ア・ラ・シャンティイーもミズミズしくて、とても美味しかったです。

----------------------------------
a tes souhaits!(アテスウェイ)

住所:武蔵野市吉祥寺東町3-8-8
営業時間:11:00-19:30
定休日:月曜日
最寄駅:JR「吉祥寺」駅より、徒歩15〜20分。
----------------------------------
posted by 照乃芯 at 01:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | アテスウェイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする