2010年09月07日

横須賀衣笠/暮れなずむ夏の終わりの衣笠@江南飯店〜デザート編

横須賀線「衣笠」駅にある中国料理江南飯店。前回は主菜編、さて、ここからは一気にデザート編を。デザートは追加注文合わせて6品。

江南飯店:香菜とココナッツのプリン


まずは香菜とココナッツのプリン。圧し豆腐の香菜和えでも出てきた香菜(シャンツァイ)がデザートに使われていた。これってコリアンダーのことらしい。香菜の香りがまるで薬草のようなスッと抜ける印象で、ココナッツのプリンもブランマンジェのような柔らかさと瑞々しさ。このお店のプリンはどれもこのようにブランマンジェのような滑らかなものであった。

江南飯店:黄金桃のムース仕立て


更に黄金桃のムース仕立て、とろける杏仁豆腐、追加で注文したマンゴープリンを立て続けに食らう。マンゴープリンは、まるで青山の糖朝(スイート・ダイナスティ)のマンゴープリンのようなルックス。とろける杏仁豆腐は久しぶりに食った。勢いに乗じて、黒ゴマあん入り揚げゴマ団子も食った。

江南飯店:マンゴープリン


江南飯店:とろける杏仁豆腐


江南飯店:黒ゴマあん入り揚げゴマ団子


江南飯店:黒ゴマあん入り揚げゴマ団子


そして最後は蜜香烏龍茶ココナッツプリン。それにしても中華デザートって、基本プリン(タイプ)メインなのだろうか。

江南飯店:蜜香烏龍茶ココナッツプリン


店内販売もしている台湾烏龍茶の一つ「蜜香烏龍茶(ミーシャン・ウーロン)」をかけたプリンは軽く甘味を香らせたようにさえ感じさせるフルーティさ。そしてブランマンジェを彷彿とさせる繊細なプルッとしつつも柔らかいプリンらしからぬ口どけ、烏龍茶の苦味が最後に軽く余韻を残す喉越し。烏龍茶をかけて食べるという発想にも驚かされた。

江南飯店:蜜香烏龍茶ココナッツプリン


この蜜香烏龍茶(ミーシャン・ウーロン)はとても気に入ってしまい、会計時に30g(\1,200)買っていった。

[ 中国料理 江南飯店 ]

場所:神奈川県横須賀市衣笠栄町1-22-16
最寄駅:JR横須賀線「衣笠」駅より徒歩3〜4分
営業時間:11:30-15:00 / 17:00-21:00
定休日:火曜日(夏休み、年末年始休業あり)

posted by 照乃芯 at 20:53 | パリ ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 美食ヴォヤージュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ここは甘いものが有名なんですね。デザートたくさん頼もうと思います。
Posted by こうのとり at 2010年09月07日 21:50
プリンがやたらと多いんですけど(笑)、
想像してたよりも沢山デザートがありました。

どれもさっぱりしてましたから、あっという間に食べてしまうかも知れません。
なんか、週末限定のデザートもありましたよ。
Posted by 照乃芯 at 2010年09月07日 23:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。