2009年04月30日

六本木ヒルズ/LA BOUTIQUE de Joël Robuchon(5):マドレーヌ、フィナンシエ、ダックワーズ

Madeleine,Financier,Dacquoise


パン類を次回の訪問に見送る代わりに、焼き菓子は今回買っておいた。今回というのは、今月初旬に訪問した時のことで、すでに生菓子は掲載済み。あんまり同じお店の掲載が続きすぎるのもどうかと思って、焼き菓子分だけ少し間を置いていた。

マドレーヌについて。

ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブションのマドレーヌは、ちゃんとレモンの香りもする。そして木目の細かい生地。

それにしても、ブラン・ブランの土台に使われていた生地がどうにもマドレーヌだったような気がして仕方ない。だが、食感から考えて、サブレ生地で間違ってないと感じたが…。

フィナンシエについて。

ピスターシュ、フレーズ、ショコラ、プレーンの4種類を揃えている。今回は初回ということもあってプレーンを選択。しっとりした生地は木目が細かい。何と言うか、「可も無く不可も無く」レベルだった。だが、東京のパティスリーのレベルを考えれば、それは決して劣ってるということではなく、平均的という印象。値段も他のお店と変わらず。

Madeleine,Financier,Dacquoise


おそらくフィナンシエを食べ比べていくのはこれが最後。
本当は手に取るつもりもなかったが、フィナンシエが好きだから、うっかり焼き菓子用の木箱に入れてしまった(笑)
今までいろんなお店のフィナンシエを食べたが、もう気は済んだ。

それは、三ヶ月前に自分が求める最も理想のフィナンシエに出会ったせい。人それぞれ好みはあるから、理想像は千差万別だろうけど、自分としては、もうそのお店のフィナンシエを超えるフィナンシエを求めるのは時間とお金の無駄だと感じてしまった。まだ見ぬ何処かにあるかも知れないけども、そうすることをやめる選択をした。

個人的に思うところあって、そのお店のフィナンシエを甘時間に載せるつもりはないが、
もうこれでフィナンシエの食べ比べはおしまいにする予定。

ダックワーズについて。

何種類かあるうちのプレーンなものを購入。これもなかなか美味しいが、特徴があるかといわれたら、可も無く不可も無くレベル。クリームにもっとコクと深みがあると良かった。

生地の表面にザックリ感が、生地の中身にモッチリ感あるいはネッチリ感がいくら不足しているように感じたが、おそらくこれも個人の好みの問題だろうな、きっと。

[ LA BOUTIQUE de Joël Robuchon(ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション) ]

住所:東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ・ヒルズサイド2F
最寄駅:東京メトロ日比谷線「六本木」駅C1出口下車、徒歩1分ほど
営業時間:10:00-21:00
定休日:施設休館日に準ずる

2009年04月29日

渋谷/VIRON(16):ピスターシュ

Pistache


ピスターシュ風味のサブレ菓子。瓶に入っていて、生菓子のショーケース上にある。結構しっとりとした食感だった。桜満開の頃、久しぶりに一緒にフィナンシエとマドレーヌも買って代々木公園へ行った。

毎年、桜を撮りに出かけるけど、代々木公園で絶対に足を運ぶポイントがある。

その小径(こみち)は、散り終わるまでの一週間、桜の雪がしんしんと降り続ける場所。

傘を差してはならない。

肩に降り積もる桜を払ってはいけない。

ただ、そこに己が在ればいい。

代々木公園で桜を撮ろうと足を向けるのはこの場所だけ(写真は4年前に自分で撮ったもので、『東京定点観測』に掲載)。

200504_yoyogi31280960_thumb.jpg

(クリックすると大きく見れます)

フィナンシエは相変わらずカリカリ&サクサク感が素晴らしく、美味しかった。この店のエッジの効いたカリカリ&サクサク感と粉の味わい、…そしてあの店のネッチリ&モッチリ感とバターの豊穣が組み合わさったフィナンシエが、自分が追い求めてきた至上のフィナンシエ。

[ ヴィロン(VIRON) 渋谷店 ]
住所:渋谷区宇田川町33-8 塚田ビル1・2F
営業時間:9:00-22:00(2Fのブラッスリーは24:00まで)
定休日:無休
最寄駅:JR渋谷駅よりハチ公前交差点を渡って109の先、文化村通りをまっすぐ。東急本店斜向い。

posted by 照乃芯 at 00:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | ヴィロン(パン含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月28日

東北沢/カワムラ洋菓子店北沢店(6):春うらら

kawamura_haru_urara.jpg


こないだのマロニエと一緒に買ったのが、この春らしい色使いのケーキ。
土台はスポンジ。中には餅…じゃなくて求肥か。

桜は都内23区では散ってしまったけど。
そよぐ青い春の前に、
気分だけでも、
もう少しうららかな桜。

kawamura_haru_urara2.jpg

[ カワムラ洋菓子店北沢店 ]

場所:東京都渋谷区大山町17-15-202
最寄駅:小田急線「東北沢」駅から徒歩3〜4分(道幅が狭いのと交通量が多いのとがあり、場合によってはもう少しかかるかも)。
営業時間:10:00-20:00
定休日:年中無休

posted by 照乃芯 at 00:10 | Comment(2) | TrackBack(0) | パティスリー(未分類) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月27日

尾山台/AU BON VIEUX TEMPS(26):サヴァラン・シャンティー

Savarin Chantilly


前回エロスと一緒に買ったのがこのサヴァラン・シャンティー。以前は「ババ」だったが、サヴァランになっていた。ババの頃に食べたことはない。ババではなくなったということは、少なくとも生地の中にレーズンは入っていないことになる。ご覧の通り、上にはシャンティー。刻んだピスターシュが春らしさを伺わせる。

ブリオッシュ生地の表面にはアプリコットのナパージュがかかり、生地にはラム酒がたっぷり。生地の中にはレーズンも入ってる。杏とお酒の組み合わせは、まるで杏露酒(シンルチュー:杏のお酒)の心地。

[ AU BON VIEUX TEMPS(オーボンヴュータン)参考サイト ]

住所:東京都世田谷区等々力2-1-14 原田ビル1F
最寄駅:東急大井町線「尾山台」駅下車、ハッピーロード尾山台商店街を左へ徒歩3分ほど
営業時間:9:00-18:30
定休日:水曜日

posted by 照乃芯 at 00:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | オーボンヴュータン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする