2007年02月28日

明治/エッセルスーパーカップ白桃

meiji_supercup_hakuto.jpg

では、一句。

寒い夜に
暖かくしつ
食べる居間

アイスクリィム
いと美味し

照乃芯

赤坂見附/しろたえ(2):レアチーズケーキ

sirotae_rare_cheese_cake1.jpg


○レアチーズケーキ - Rare Cheese Cake - (¥230)

しろたえの売りはチーズだけではないと勝手に思いますが(笑)、今回はチーズものでさっぱりと合わせてみました。

210円という情報だったけど、行ってみたら20円高かった(笑)
20円高くても230円だしね。似たようなもんかと。看板メニューだから、一個もなかったらどうしようかと思ってたくらいなんで、買えただけで十分でしたヨッ。

上に乗ってるワンポイントはカットされたピスタチオ。レアチーズは空気をよく混ぜて練り、レモンの風味を軽く効かせてあるそうです。丁寧にフォークで切りながらチョビチョビ食べても男性なら3口で食べ終えてしまうくらい小振りなサイズ。こうなるだろうと思って2つ買ってちょうどよかったです。お茶菓子として食べる分量としてはちょうどいいかも。さあケーキ食べるぞと意気込むとあっさり終わってしまうんで…。

sirotae_rare_cheese_cake2.jpg


ほんとに昔ながらの、という感じです。最近のパティスリーでならば何処ででも食べられるようなフワフワなのではなく、実にしっとり。デザインもシンプルで、レアチーズケーキの原風景といったところでしょうか。100件もケーキ屋を巡っていろんなお菓子を食べてきて、もう一度原点に帰ってきたような、そんな心地です。またここからスタートですね(何の)。

ただ、やっぱりチーズ一色なので、小さいからといってホールケーキで一本食べようだなんて思うと、あるいは半分くらいで飽きるかもしれないような気も…。ゆえに、この大きさは絶妙なんじゃないでしょうか。もう一個食べておきたいくらいの感じで居させてくれるところがいい。

というわけで、101件目のお店「しろたえ」でした。

--------------------------
GATEAUX SIROTAE(西洋菓子しろたえ)

住所:港区赤坂4-1-4
最寄駅:東京メトロ丸の内線「赤坂見附」駅下車A出口より徒歩4分
定休日:日曜日
営業時間:10:30-20:30(L.O.20:00)
--------------------------
posted by 照乃芯 at 00:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | パティスリー(未分類) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

赤坂見附/しろたえ(1):チーズパイ

ケーキ屋巡りの記念すべき100件目となったメゾン・ド・プティ・フールを華麗に通過し、次いで101回目のプロポーズ...じゃなくて訪問はレアチーズケーキで有名な「しろたえ」。

最寄駅となるのは東京メトロ丸の内線「赤坂見附」駅。改札からちょっと遠めのA出口を降りた後、緩やかに上る青山通りを左、つまり青山一丁目方面へ。A出口の階段(エスカレーターでも可)を上がって左横の細い通りから数えて3本目になる、みずほ銀行横の「一ツ木通り」に入ってすぐ、白い看板が目印です。し ろ た え だけに。

sirotae_cheese_pie1.jpg


1976年創業のしろたえはパティスリーというよりはむしろ純喫茶店風の趣きを持ち、店内は1階が禁煙、2階が喫煙というサロン構成。クラシックなケーキが中心の生菓子は、今回買ったレアチーズケーキとチーズパイ以外にシュークリームやガトーフレーズ(ショートケーキ)、フレジエ、ミルフィーユ、モンブラン、チーズレモンパイ、ペイザンヌ(シブースト)、マジョレーヌ、マンゴーココ、デリス・パンプキン、その他チョコ系ケーキ数種類(チョコスフレなど)や、訪問の時点で売り切れたものが数種類などおよそ15〜20種類弱。……とりあえず覚えてたものだけダラダラ列挙してみました。

あとは季節に応じて入れ替えというところでしょうか。まさにコンセプト通り「素朴でシンプル」。焼き菓子もいろいろありました。とはいえ、こっちは覚えてらんなかったので以下省略。客層は、やはり想像していた通り年配層が圧倒的でした。自分だけ妙に浮いてました(笑)

というわけで、しろたえをちょっとヨロシク。

sirotae_cheese_pie2.jpg


○チーズパイ - Cheese Pie - (¥320)

カッティージチーズを使ったクラシックな田舎風のパイ菓子。外観がペイザンヌに非常によく似ていたんですが、目当ての一つにしていたそのペイザンヌは残念ながら売り切れでした。「あるじゃん」とか思ってたのがこのチーズパイだったっていう。

カッティージチーズのクリーム部分をシブーストクリームとリンゴのコンポート入りカスタードに入れ替えればそっくりそのままペイザンヌというくらい似てました。

フィユタージュでフタをされた下にはカッティージチーズのクリーム。レアチーズケーキにも通じるんですが、しろたえのチーズの使い方の特徴で、チーズにレモンの風味を加えてますね。すっきりします。甘さも、極控えめ。

--------------------------
GATEAUX SIROTAE(西洋菓子しろたえ)

住所:港区赤坂4-1-4
最寄駅:東京メトロ丸の内線「赤坂見附」駅下車A出口より徒歩4分
定休日:日曜日
営業時間:10:30-20:30(L.O.20:00)
--------------------------
posted by 照乃芯 at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | パティスリー(未分類) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月27日

西馬込/Maison de Petit Four(6):クロワッサン

さて、メゾン・ド・プティ・フールで6つ買った中の最後です。

maison_de_petit_four_croissant1.jpg


○クロワッサン - Croissant -(¥150)

今回買った唯一のヴィエノワズリー。フランス産の小麦粉と発酵バターを使ったクロワッサン。すごくサクサクしてます。かといって、中まで全部サクサクというのではなく、中はモチっとしてます。…個人的にはクロワッサンを食べる時に気になるのが「余計な油」なんですが、メゾプチのクロワッサンは問題ありませんでした。全然ベトベト感がなく、発酵バターのほのかな風味もいいし。

maison_de_petit_four_croissant2.jpg


これは蛇足かも知れませんが、オーボンヴュータンご出身のシェフのお店って、焼きがハードな印象があるんです。その特徴は、どちらかといえば割と好きではあるんですが、それでもやり過ぎるとヴィエノワなんかは逆効果になったりする。苦過ぎたりとか。でも、メゾプチのクロワッサンは程よい焼き具合で、なんていうか「落としどころ」がいい。

涼し気な呑川のせせらぎが聴こえてきそうな、良い朝が迎えられそうなクロワッサンなんです。

-----------------------------------
Maison de Petit Four(メゾン・ド・プティ・フール)

住所:大田区仲池上2-2-17
最寄駅:都営浅草線「西馬込」駅南口下車、徒歩10分前後。
営業時間:9:30-18:30
定休日:年始を除き年中無休
-----------------------------------
posted by 照乃芯 at 00:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | メゾン・ド・プティ・フール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする